どうやって選んでる?目的に合ったサングラスの選び方


屋外でのスポーツは紫外線対策が重要なポイント

屋外でスポーツを楽しむときにサングラスを使用しているという人もいるのではないでしょうか。基本的にはスポーツサングラスを着用している人が多いかもしれませんが、そのスポーツサングラスは屋外向けではない可能性も考えられます。屋外でスポーツを行う場合は紫外線カットの機能が付属しているスポーツサングラスを選ぶのが重要です。紫外線カットの機能がないサングラスを使って屋外スポーツをやっていると、角膜が強い紫外線の影響を受けて目が充血する可能性があります。紫外線カットの機能が付いていれば、角膜が紫外線を浴びにくくなるので目を保護してくれます。

光の反射を防ぐサングラスを選んでみよう!

運転や釣りといった行動を取っているときに光の反射で視界が悪くなる経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。ファッション用のサングラスは光の反射をカットしてくれるものではないので、視界が悪くなる現象を防ぎにくいと考えられます。そこで効果的なのが偏光レンズです。偏光レンズのサングラスであれば自然光を真っ直ぐ通した上で、下の方向からの光の反射をカットしてくれるというメリットが得られます。この下方向からの光の反射を遮断する効果は水面の乱反射にも有効なので、釣りを行っている人には便利なサングラスだと言えます。

強い日差しはブルーレンズでカット

日中の外出が多い人は強い日差しをカットしたいと考えているかもしれません。そのような人に良いアイテムがブルーカラーのレンズが付いているサングラスです。ブルーカラーのレンズであれば黄色を弱める効果が得られるので、日中の強い日差しもカットできます。

サングラスは芸能人や怖い人がかけているイメージですが、強い光や紫外線から目を保護してくれる夏の必須アイテムです。レンズの色が薄めのものを選ぶとおしゃれに見えますのでファッションアイテムにもなります。